最新号
バックナンバー

001
002
003
004
005
006

007
008
009
010
011
012

013
014
015
016
017
018

019
020
021
022
023
024

025
026
027
028
029
030

031
032
033
034
035
036

037
038
039
040
041
042


ブランド魚
山形県の南端に位置する鶴岡市鼠ケ関、名前を聞くとギョッとするが、この「鼠」実は「念珠」から来ている。数珠を持って念じる、背後に出羽三山を仰ぐ土地柄らしい、信仰の地名なのである。サワラといえば「鰆」と書くから、春が旬。成魚になれば1メートルを超す大魚。だから、サシゴ、ナギ、サワラと名前も変わる出世魚。サワラが訛ってサーラとも呼ばれる。体が細いから、狭い腹でサワラ。スズキ目・サバ科。「スズキ」は日本では人も魚もボリュームゾーンを作る。「関サバ」を始め最近、魚のブランド化は広がる。「庄内おばこサワラ」は、いかにも肥沃な土地に面した日本海で獲れる良質の魚を想像させる。それもそのはず、この「おばこサワラ」は、船上で活きしめする手間のかかった魚なのである。同じ漁場で揚がっても、そこはちょっとエリートなコースをたどって市場に出る。そこが美味さの違い。ブランド魚の違いを堪能してください。(E)